田舎だから出来る贅沢 自捕り石鯛の鯛めし桜ご飯

スポンサーリンク
未分類

今月の会席料理のご飯に,鯛めしをお出ししています。

しかし!

鯛は鯛でも石鯛を使います。

しかも,自分で突いてきたものなので,鮮度は抜群。

ただ,自然相手のためいつもは取れません。(涙)

石鯛は真鯛に比べて,少し癖がありますが,この時期のものは全く気になりません。

そして,油ののりも良く大変美味でございます。

今回はそんな石鯛で,桜ご飯をつくります。

スポンサーリンク

材料

石鯛

桜の葉塩漬け(塩抜きしたもの)

桜の花塩漬け(塩抜きしたもの)

生姜

醤油

胡麻

赤カブの酢漬け

では,調理開始

①石鯛を捌き,頭とご飯に混ぜる身に,塩,酒をふり30分おきます。

②①の頭と身をこんがり焼きます。途中醤油を少し回しかけます。

③ご飯を洗米,水切りし,分量分の水に浸し,塩少々を加え1時間おきます。

④③に②の鯛の頭だけ入れます。生姜の千切りを加えて,火にかけます。

⑤炊き上がったら蒸らした後,②の鯛の身とざく切りにした桜の花を加え,よく混ぜます。

⑥ご飯を桜の型にはめ,形づくります。 最後に赤カブの酢漬けと桜の花をのせて出来上がり。

桜の香りが何とも言えず,日本人で良かったと思えるのは私だけ?

石鯛の旨みと醤油が最高にご飯にマッチします。